皮革種類一覧表

種類
特長
牛皮
仔牛皮[CALF SKIN]
カーフスキン 生後6ヶ月ぐらいの仔牛の皮。薄手できめと繊維構造がもっとも細かく、最上質。
中牛皮[KIP SKIN]
キップスキン 生後6ヶ月から2年ぐらいの、カーフよりやや厚手の中牛の皮。カーフに次いで上質。
成牛皮[COW HIDE]
カウ・ハイド 生後2年の牝の牛皮。2歳以上を成牛という。皮質は丈夫で厚い。
成牛皮[STEER HIDE]
ステア・ハイド 生後3〜6ヶ月以内に去勢した牡の成牛皮で、牡牛と牝牛の中間。最も多く使われる。
成牛皮[BULL HIDE]
ブル・ハイド 生後3年以上の繁殖用の牡牛。大型で粗い組織を持ち、丈夫で厚い。
馬皮
大判で繊維組織は柔らかい。尻の部分は、繊維が緻密な為、光沢の美しいコードバンになる。
ピッグスキン
[PIG SKIN]豚皮。表面が摩擦に強く、丈夫な革。プリントや染色などの加工性が良く、靴、袋物、ウエアなど幅広く使用される。
ゴートスキン
[GOAT SKIN]山羊皮。羊皮より肌が固く丈夫で、繊維の充実度が高い。子山羊皮はキッドスキン。
シープスキン
[SHEEP SKIN]羊皮。ヘアーシープ、ウールシープがあって、前者の方が良質。子羊皮はラムスキン。
カンガルースキン
[KANGAROO SKIN]産地はオーストラリア。皮は丈夫で強く、しなやか。高級素材として珍重されている。
ワニ革
種類はクロコダイル、アリゲーター、カイマンなど。
独特な美しい鱗模様をしている。
トカゲ革
リング、アグラ、ベンガル、オーバルなどの種類があり、ワニ革についで珍重されている。
ヘビ革
斑紋や鱗の模様の美しさが注目されている。ニシキヘビが主流で、ほかに海ヘビ、水ヘビなどがある。
カメ革
原皮の生産地は中南米のメキシコ。
ワニ革に似た鱗模様が珍重されて皮質は丈夫。
オーストリッチ
[OSTRICH]駝鳥。鳥類の中で最も貴重視されている革で、突起した羽軸模様に特色がある。

(OTSUKA靴販売ハンドブック より抜粋)

鞣(なめ)しと染色の種類

ぎんつき革
きめの美しい革本来の味を失わないようクロム鞣しを行い染色仕上げして深みのある肌合いを出した革
ガラス張り革
成牛を鞣し、乾燥をガラス板などによって行い、平滑なぎん面をサンドペーパーですり、樹脂系塗料染をした革
スエード
[SUEDE] 革の裏面を細かなサンドペーパーでバフし、ビロードのように起毛したもの。仔牛、山羊、羊などを使用
ヌバック
[NUBUCK] 牛革のぎん面を鹿革のバックスキンのように起毛して仕上げたもの
ベロア
[VELOUR] 成牛革の裏面を起毛したもの。スエードは起毛が緻密でであるが、ベロアはずっと粗く毛足が長い
揉み革
代表的なものをエルクといい、革を揉んで肌に優雅なシボをつけたもの。水揉み、角揉み、八方揉みなどがある
型押し革
革の表面に新しく変化を持たせた革。加熱した型板で、高圧プレスして仕上げる。型はいろいろある
シュリンク・レザー
[SHRINK LEATHER] 鞣し行程中に薬品を使って表面を縮ませた革。揉んだ革よりシボ立ちが強調される
エナメル革
パテント・レザーともいい、革の表面に合成樹脂の塗膜をつくり光沢を出したもの。耐薬品性が強い
セーム革
[CHAMOIS LEATHER] 鹿の皮を油鞣しして仕上げた革。柔らかで手ざわりがよく、洗濯のできる淡黄色の革
コードバン
馬の皮の中でも、強靭な繊維構造を持っている臀部をタンニン鞣しして、染色、光沢を出したもの
アメ豚
ピッグスキンをタンニン鞣しして、アニリン染料で染色、ぎん面を摩擦して飴色に仕上げたもの
革メッシュ
タンニン鞣しのゴートスキン、ピッグスキンを紐状にし、それを編み上げてシート状にした革の織物
底革
成牛をタンニン鞣しした、厚みのあるまま硬く仕上げた革。なお少し柔らかくした革はサドル用
ぬめ革
タンニン鞣しの、底革より柔らかに仕上げられた、カバン・ケース類、手工芸用などに向く薄茶色の革
床革
厚い革をカットした、表革でない、取り除いた残りの部分の革。裏張りに使用される

(OTSUKA靴販売ハンドブック より抜粋)

修理一覧表

かかとゴム交換
ピンヒール(700〜1200円)一番ちいさいゴムかかと、そして一番減りやすいゴムかかと。ヒールが金属のものは特にこまめに修理が必要。金属部分が直接削れてしまうと修理不可能な事も。お気に入りの靴ならお早めに
婦人・中程度(1000〜1500円)婦人靴で最も多い修理。5cm四方までの大きさは殆どがこれくらいの修理代です。
紳士・大(2000〜2500円)紳士靴やそれに匹敵する大きさの婦人靴(カジュアルブーツ等)はこちら。厚さ1cm程のゴムでしっかり修理してくれます。
ヒールカット
高すぎるヒールを1cm弱まで切る事が出来ます。履きすぎてナナメに削れてしまった靴を平らにするのもカットして直すことが多いです。(1cm以上は靴が壊れる為×)上記「ゴム交換」の約500円増
ヒール積み
新品の靴に約1cmまでゴムを積み足す方法。ウェッジソール(船底タイプ)でも可能なものアリ。上記「ゴム交換」の約1000円増
ヒール皮巻き替え
革巻きヒールをキズつけてめくれてしまったもの等を新品の革に巻き直し、さらにかかとゴム交換も一緒にやります。特殊な色は製造メーカーで見てもらった方がイイかも。(2800〜3500円)
スタックヒール取り替え
スタックヒール(圧縮した革をヒールに巻いたもの)の革の部分が古くなったり、ぶつけて削れてしまった時などの修理。滅多に直したりする事は無いと思いますが・・・。(3000〜4000円)
中敷交換
汚れてしまったり、よれて履きにくくなった中敷きをきれいに張り直します。色は黒・白・ベージュなど(1000〜1200円)
ソール半張り
革底に張るスベリ止め。現在、革底は以前ほど多くない為、溝が無くなって滑る靴によく張るようになりました。(2000〜3000円)
底はがれ
つまずいてつま先が剥がれたりした箇所を特製のボンドで接着します。乾かして接着するので一晩は預けるつもりで(500〜800円)
型のばし
横幅がきついのを伸ばして、履き慣らした頃のようにします。革は体温が伝わってやわらかく馴染むのですが、最初の慣れない時に少しでも履きやすくする方法です。(1000〜1200円)
美錠交換
サンダルや足首ベルトに使われてるボタン式のパチンと止める金具がサビたり変形したのを新品に交換します。お気に入りは直せばまだまだ活躍できますよ(片方400〜600円、両方700〜1000円)
サンダルベルトゴム交換
最近はベルトの裏にゴムを挟んで履きやすくなってる物が多くなってます。そのゴム部分が切れたり、古くなった時に修理することが可能です。修理用のミシンを使うので多少縫い目が荒くなりますが今の修理屋さんはキッチリ直します。(1500〜1800円)
ファスナー交換
ブーツのファスナーがほつれたり、割れたりして壊れてしまったら片方だけでも取り替える事ができます。製品の様なきれいな縫い目はできませんが、ロングブーツでも値段はほとんど変わらないと思います。
(片方3000〜3500円、両方6000〜6500円)
ファスナー金具交換
ファスナーを閉じる金具が金属疲労などで折れた場合に両足いっぺんに交換してもらいます。片足だけですと金具の色つやが違い過ぎてしまうから両足直すのだそうです。(両方2000〜2300円)

※靴の製法、素材により修理不可能なものもあります。
個々の修理屋さんで値段はまちまちですので目安程度に…


シルクロード藤が丘店 465ー0032 名古屋市名東区藤が丘171 マツザカヤストア2F
tel.052-769-1208