Tsuejyuku in Sawada 本文へジャンプ

沢田の杖塾




 杖塾 主宰者 より
「沢田の杖塾」の主宰者,森口章先生からのあいさつです。森口先生は,岡山県の高等学校で34年間教鞭を執られた後に退職され,現在は教職員をサポートする「沢田の杖塾」を主宰し,「悩める教師の杖になりたい。」という想いで活躍されています。現在まで,約10年の間,岡山県の「教師の駆け込み寺」として在りました。
教職員として日々様々な問題に直面している皆様も,一度杖塾に参加しみてはいかがでしょうか。 

 杖塾の位置
岡山市の「足守のメロン」,「一宮の白桃」,「津高のマスカット」と並んで,ここ「沢田の富有柿(ふゆがき)」もその名で柿の値段が上がるほど有名です。操山(みさおやま)の北斜面には柿の果樹園が一面広がっており,11月の収穫時には「沢田の柿祭り」が毎年開かれています。この岡山市街からごく近いところに位置しながら日本のよき里山の風景をそのままに残しているこの地に,沢田の杖塾は位置しています。

  杖塾の建物
「沢田の杖塾」は,築100年の古民家を借りて開かれています。この古民家の軒下からは,「沢田の富有柿」で有名な柿の果樹園が一望できます。100年を越える建物のため,冬場には少々隙間風が吹き込む(?)かもしれませんが,とても温かみのある建物で,訪れるとどこか懐かしい気持ちになるようなホッとする空間です。

 テレビ放送
NHK岡山発信の『現場に立つ』という番組で,「沢田の杖塾」のことが,『杖となって支えたい教師たちの駆け込み寺』というタイトルで,特集として放送されました。また,平日の夕方に放送される,『岡山ニュースもぎたて』の番組でも取り上げられました。

 お知らせ(夏と秋のトレッキングの予定)NEW!
毎年恒例の『夏のトレッキング』は,今年は夏には行わず,秋口の9月22日〜24日(3連休)に,涸沢(標高2350m)を予定しています。申し込みの締め切りは,8月11日になっています。
 また,夏には,杖塾主催の行事ではありませんが,主宰者・森口が個人的に,富士登山を8月1日〜3日に予定しており,同行者を募集しています。
どちらの登山も,事前の申し込みが必要です。詳しくは,森口章(090-5702-8770)まで,お問い合わせください。

 物語法(ナラティブ)の研修について NEW!
 8月5日(日)の10:00〜16:00に,物語法(ナラティブ)の研修を行います。初心者の方も大歓迎です。参加希望の方は,森口章(090-5702-8770)まで,お問い合わせください。

 リラクゼーションを体験する会について 
〜リラクゼーションを体験する会+α〜

参加者2人以上で実施が原則。3日間前までに必ず予約が必要。(予約が無ければ実施せず。)ご希望の方は,森口章(090-5702-8770)まで申し込みをしてください。参加費500円です。

 「ちょっと一息・沢田の杖塾」からのページ
「沢田の杖塾」の主宰者,森口章先生が書かれたメッセージです。「福利おかやま」で教職員を対象に書かれたものや,「相談室だより」で高校生を対象に書かれたものや,「山陽新聞」に書かれたものなどを転載しています。


学校の先生のための心が"ホッ"とするセミナー NEW! 
夏休み中の8月16日(木)〜8月18日(土)の三日間に,『先生元気プロジェクト」主宰の,講演会と講座を,沢田の杖塾で行う予定です。多数のご参加をお待ちいたしております。詳しくは『先生元気プロジェクト』のサイトをご覧ください。