Homeに戻る

 apopchk apopchk (エーポップチェック)

メモリ消費量の少ないシンプルなタスクトレイ常駐型メールチェッカーです。

スクリーンショット

主な機能は次の通りです。 Windows 98SE / 2000 / XP でADSL環境での動作確認済みです。
注1:長時間の動作確認はWindowsXPのみで行っています。
注2:ポップアップウィンドウの半透明化機能はWindows2000以降で有効です。

■インストール
インストール作業は必要ありません。
解凍した実行ファイルを適当なフォルダに入れて実行してください。

■アンインストール
レジストリは操作していません。
実行ファイルおよびiniファイルを削除してください。
スタートアップに登録した場合は、手動でショートカットを削除するか
チェックをはずしてからプログラムを削除してください。

■ダウンロード
Warning! 注意!
本ソフトウェアを使用したことにより生じたいかなる損害も当方は一切責任を持ちません。
自己責任の上での利用をお願いします。
このプログラムはフリーソフトです。転載・配布は自由です。
ESET NOD32 V3.0でチェック済みです。

apopchk 実行ファイル apopchk-v024.exe (自己解凍書庫ファイル、96KB)

■使用方法
タスクトレイアイコンを右クリックし、ポップアップメニューから「設定」を選択すると
設定フォームが表示されますので、下記の要領で設定してください。
  1. 「アカウント設定」タブ

  2. 「動作設定」タブ

  3. 「通信設定」タブ

  4. 「アイコン設定」タブ

    好きなアイコンを設定することができます。
    アイコンのファイル名を入力するか、「参照」を押して選択してください。
    ファイル名は絶対パスで指定してください。
    元に戻すときは、ファイル名を空にしてください。

  5. 「OK」を押すと設定内容がファイルに保存されます。
    「キャンセル」を押すと設定内容を元に戻します。

  6. 起動時オプション
    下記の起動時オプションを指定すると、規定のiniファイル以外を使用することができます。

    /I<iniファイル名>

    例)
    /I"C:\Program Files\hoge\hoge.ini"
    /IC:\hoge.ini
    環境変数も使用できます。

■タスクトレイアイコン
タスクトレイアイコンの意味は次の通りです。
アイコン
状態
通常時(非通信状態)
メール到着時(点滅)
シングルクリックで点滅が停止します。
ダブルクリックするとメーラーが起動します。
通信中

エラー発生
起動時ウェイト中・メーラー起動中

  1. TIPS表示
    メールがある場合は、タスクトレイアイコンの上にマウスカーソルを移動すると
    メールの数をTIPS表示します。

  2. メールソフトの起動
    タスクトレイアイコンをダブルクリックすると登録してあるメールソフトを起動します。
    この操作により、アイコンの点滅が停止します。
    メールソフト起動中はメールチェックを行いません。
    注)メールソフト終了時、タスクバーにapopchkのボタンが一瞬表示されることがありますが、
    これはメモリ消費量を小さくするための処理です。

  3. ポップアップメニュー
    タスクトレイアイコンを右クリックするとメニューをポップアップ表示します。
    「設定」を選択すると、設定フォームが表示されます。
    「チェック」を選択すると、即メールチェックを実行します。
    「一時停止」を選択すると、定期チェック動作を一時停止します。 「終了」を選択するとプログラムを終了します。

■バージョン履歴
バージョン 日付 変更内容
V0.24 2010/03/30 ポップアップウィンドウの半透明化機能を追加。
アイコンを点滅させないオプションを選択するとポップアップウィンドウが自動的に閉じなくなる問題の修正。
V0.23 2009/08/30 未読がある間は毎回着信音を鳴らすオプションを追加。
V0.22 2009/08/18 通知アイコンを点滅させないオプションを追加。
Vistaで通知領域アイコンが登録されないことがある問題の暫定対策。
V0.21 2009/03/20 APOPの脆弱性に対する対策を行った。
(参考URL:http://www.ipa.go.jp/security/fy19/reports/MD5/index.html)
Windows Vistaでポップアップウィンドウのアイコン表示がおかしいバグの修正。
(ただし、動作確認はWindows7βで行った。)
その他細かい内部的な修正。
V0.20 2006/10/25 メールソフトの設定を簡単に行えるようにした。
WindowsXPで起動時にアイコンが登録されずにエラーとなる事がある問題の修正。
V0.19 2006/01/21 Outlook Expressを使用する場合にメールソフトのファイル名設定が不要になるようにした。
ポート番号を任意に設定できるようにした。
V0.18 2005/12/06 サーバーとの通信タイムアウト時にソケットをクローズしていなかったバグの修正。
V0.17 2005/10/10 ポップアップダイアログを自動的に閉じる機能を追加。
ポップアップダイアログの色にシステムカラーを選択できるようにした。
タスクトレイアイコンの右クリックメニューの挙動がおかしい問題の修正。
V0.16 2005/02/23 ポップアップダイアログの表示位置を設定できるようにした。
チェック中と到着時のアイコンが入れ替わっていたバグの修正。
定期チェック停止中に手動チェックや設定を行うと、アイコンが通常のアイコンに戻ってしまうバグの修正。
V0.15 2005/02/20 メールをサーバーに残す環境に対応。
アイコンを変更できるようにした。
通信中はポップアップダイアログのボタンを操作できないようにした。
V0.14 2005/01/07 Win98で終了時にエラーが発生するバグの修正。
V0.13 2005/01/03 設定フォームをプロパティシートにした。
起動時ウインドウを廃止した。
ポップアップ通知ダイアログにボタンを追加した
V0.12 2004/10/03 メールがあったら自動チェックを停止するオプションの追加。
新着メールをバルーン表示またはポップアップウインドウで通知する機能の追加。
定期チェックを一時停止できるようにした。
サーバーがAPOP非対応の時のエラーメッセージを変更。
チェック間隔に0分を設定できてしまうバグの修正。
アカウント名に長い文字列を入力できないバグの修正。 定期チェック用タイマの間隔を0.5秒→1分に変更。
V0.11 2004/08/30 サーバーにIPアドレスを直接設定すると通信できないバグの修正。
V0.10 2004/08/30 起動時のウインドウを非表示にできるようにした。
背景色を変更できるようにした。
起動時ウェイト中およびメーラー起動中にアイコンをグレーにするように変更。
通信内容表示を折りたためるようにした。
設定フォーム表示状態での通信時にディセーブルにしていないコントロールがあったのを修正。
スタートアップへの登録状態チェック方法変更。
OSがWinXPのときにWinXPスタイルになるようにした。
V0.9 2004/06/28 メールソフト、サウンドファイルの指定に環境変数を使用できるようにした。
起動時オプションで、規定のiniファイル以外を指定できるようにした。
Win95でも動くようにした。
V0.8 2004/06/21 OSがWinXPのとき、起動時に通知領域へアイコンが表示されない場合がある問題の修正。
Explorerが再起動したときタスクトレイアイコンが消滅する問題の修正。
起動時ウェイト中にウインドウを最小化すると初回の通信をしないバグの修正。
V0.7 2004/06/13 起動時ウェイト時間を120秒まで設定できるようにした。
リトライ機能を追加し、リトライ回数および間隔を設定できるようにした。
チェック間隔の最小設定値を1分→3分にした。
新着メール到着時に音を鳴らす機能を追加。
V0.6 2004/05/11 チェック間隔に10分以上の値を設定すると、チェック間隔が短くなってしまうバグの修正。
V0.5 2004/04/10 スタートアップへの登録を削除できないバグの修正。
V0.4 2004/03/08 パスワードの入力方法を変更し、パスワード表示ソフトでパスワードが見えないようにした。
初期起動時の挙動がおかしかったバグの修正。
V0.3 2004/01/04 起動時ウェイト時間を設定できるようにした。
チェック間隔の設定範囲の下限が3分になっていたのを1分に修正した。
V0.2 2003/12/30 コンパイル時のライブラリ指定がシングルスレッド用になっていたのをマルチスレッド用に修正した。
V0.1 2003/12/30 OSがWinXPのときに、メールソフト起動中にもかかわらずメールチェックを行ってしまう問題の修正。
V0.0 2003/12/26 初回リリース


Copyright (C) 2003-2010 Akinori Shoji. All Rights Reserved.

Homeに戻る