わが国唯一の木造十三重簷塔

多武峰に建つ十三重塔

逓減率は低い屋根の重なり

上重の柱は短く、斗栱も組まず屋根を重ねます。

柱上の通肘木(木口が黄色の横架材)の上に斗栱を置かず直接軒桁が載ります。

井桁に組んであるのが土台となる地覆桁です。

基壇上に亀腹を築き井桁に組んだ地覆桁を土台にしています。


     談山神社(たんざんじんじゃ)十三重塔   奈良県桜井市  室町時代(1532年)

わが国唯一の木造簷塔(えんとう)

多武峰(とうのみね)は中大兄皇子と中臣鎌足が大化改新の談合をたところとされ、以後この地は談山(かたらいのやま)と呼ばれています。
鎌足の長男定慧が菩提寺として妙楽寺を開基し、講堂と十三重塔を建立したと伝わります。さらに二男の不比等が神社を創建しましたが、明治の神仏分離で神社だけが残りました。
わが国で木造多重塔婆は三、五、七、九、十三重の5種類が造られましたが、現在残っているのは三、五、十三重の三種類です。十三重は石塔では数多くありますが、この塔は現存する唯一の木造十三重塔婆です。
また、塔の形式は、各層の塔身(軸部)を明確に作る層塔と二重以上の軸部をごく短い柱とし、斗栱を組まずに屋根を積み上げる簷塔の二つの形式があります。簷とは庇(ひさし)のことです。簷塔は数件建立されたようですが、現存するのはこの塔一基のみです。

この塔は、基壇の上に亀腹を築き井桁に組んだ土台に築かれています。初重は一般の層塔と同様に中央間を板唐戸、左右間を連子窓としていますが、柱の上に斗栱は組まず、通肘木と軒桁の上に直接初重の屋根を設けています。二重以上は層を作らず、短い柱の上に初重と同様の方法により、屋根を重ねています。
なぜ、このような塔が作られたのかは不明ですが、塔が外観を飾るだけの建造物であり、人が入ることを想定していなかったことを如実に現しています。

次ページ 栄山寺八角堂8奈良)

目次に戻る



建築様式 和様
木造 三間 十三重塔婆 簷塔(えんとう)形式
檜皮葺
  総高 16.9m