表紙 > 御杖情報 > 太鼓打家の食卓 > 郷土料理編 > 粽

太鼓打家の食卓
うまいものを食べる裏ワザ

目次へ戻る 素材編 郷土料理編 民族料理編 創作料理編
芋ぼた 鯛飯 黄な粉雑煮 豆御飯



 旧暦の端午の節句に作り、梅雨の瑞々しい緑に泳ぐ鯉幟と床の間の五月人形を見ながら食べると、素朴にして葦の葉の香りが芳ばしい。

材料
@ 上新粉
餅粉 上新粉の3割
葦の葉
棕櫚の葉
A 醤油
砂糖

作り方
@ 上新粉と餅粉を熱湯でよく練る。
A 蒸して搗く。(ガラスのボウルに入れ、電子レンジで温めて、麺棒で搗く。)
B 葦の葉を5枚重ね、小さく円錐形にした餅を包み、棕櫚の葉を細く裂いて結ぶ。
C 蒸し器で蒸す。
D 砂糖醤油につけて食べる。

芋ぼた 鯛飯 黄な粉雑煮 豆御飯
目次へ戻る 素材編 郷土料理編 民族料理編 創作料理編



表紙をフレーム表示