都染ゼミ卒業論文題目

HOME  都染研究室キャンパスことば分室

1997年度

1998年度

1999年度

2000年度

2001年度

2002年度

都染研究室での卒業論文は、方言・若者ことば・コミュニケーションなど

現代日本語のバリエーションに関するものが多数をしめています。   

方言では、言語地図を作成しことばの分布と変遷について考える地理言語学的研究

「方言vs共通語」「方言vs方言といった言語接触の問題やグロットグラムを作成しこと

ばの地域差と年代差から方言の動態を捉えその動向を分析する社会言語学的研究

談話資料を文字化しその特徴を抽出・記述する記述的研究など、各地の方言につい

て様々な方法で研究しています。                              

若者ことばでは、マスコミでも流れるような「若者語」の使用実態の分析に関するもの、

関東と関西の比較によって地域差の存在を解明しようとするものなどがあります。   

方言・若者ことば以外には、文字表記の実態、類義語の使い分け意識、遊びのことば、

社名の変更など、現代日本語の生態を捉え分析したものがあります。 

1997・1998年度ゼミ学生         1998・1999年度ゼミ学生

(C) TSUZOME,Naoya