トラフカラッパ

Calappa lophos (Herbst, 1782)

水深10m〜60mの砂底に生息する。甲の後側縁、及び鉗脚に暗紫色の虎斑模様がある。小型個体ではこの模様はあまりなく、甲面に丸い模様が4個ある。

東京湾から九州、沖縄、台湾、インド、スリランカ、東南アジア沿岸に分布。成体は甲幅7cm以上。


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ