クモガニ

Oncinopus araneus (De Haan, 1839)

水深10〜50mの岩礁底、砂底、砂泥底に生息する。全体的に石灰化が不十分でやわらかい。甲は縦長の三角形、額は二つに分かれており、第一、二歩脚の腕節と前節が平たく毛深い。海藻やカイメンを身につける習性はない。

東京湾から九州、東南アジアに分布。成体は甲長1.5cmくらい。

参考 : Davie et al., 2004 ; 加藤, 奥野, 2001 ; 峰水, 2000 ; 武田, 1982 ; 内海, 1976 ; 酒井, 1935


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ