ヨツハモガニ

Pugettia quadridens (De Haan, 1839)

潮下帯〜水深320mの磯や岩礁の岩の下や海藻の間に生息する。額に海藻やガヤを付けていることが多い。額は二本の棘に分かれている。眼後棘と後続の棘の間が板状に張り出している。

北海道から九州、韓国、中国北部に分布。成体は甲長2cm〜3cm。

参考 : Davie et al., 2004 ; 池田, 2004 ; 峰水, 2000 ; 村岡, 小田原, 1996 ; 三宅, 1983 ; 武田, 1982 ; 内海, 1976 ; 酒井, 1965 ; 酒井, 1935


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ