イボイソバナガニ

Xenocarcinus tuberculatus White, 1847

水深10〜55mのウミカラマツ類に付いて生息する。甲は縦長でウミカラマツにしがみついていると目立たない。額角は雄の方が雌より長く突出する。

相模湾から沖縄、台湾、オーストラリア、紅海にかけて分布する。成体は甲長2cmくらい。

参考 : Davie et al., 2004 ; 川本, 奥野, 2003 ; 加藤, 奥野, 2001 ; 峰水, 2000 ; 三宅, 1983 ; 武田, 1982 ; 酒井, 1965


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ