カイメンガニ

Prismatopus longispinus (De Haan, 1839)

潮間帯〜水深50mの岩礁底に生息する。体全体にカイメンや海藻等を付着させている。額角は二つに分かれ外側に強く開きながら長く伸びる。甲には先端が球状になった長い棘がある。

相模湾から沖縄、台湾、東南アジア、インド洋に分布。成体は甲長3cmくらい。

参考 : Davie et al., 2004 ; 池田, 倉持, 2004 ; 峰水, 2000 ; 武田, 1982 ; 酒井, 1965 ; 酒井, 1935


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ