ケブカアワツブガニ

Gaillardiellus orientalis (Odhner,1925)

潮間帯〜水深30mの岩礁底に生息。甲は扇形で各域は明瞭に分かれており、丸い粗粒に覆われる。甲の各所に長い毛の束が散在する。甲の前側縁は眼窩外歯も含めて5葉に分かれる。歩脚の上縁、下縁に長毛が密生する。鉗脚は強大で指部は黒い

相模湾から九州、山形県沿岸、佐渡島、韓国南岸、中国山東半島、香港に分布。成体は甲幅2cmくらい。


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ