アサヒガニ

Ranina ranina (Linnaeus, 1758)

アサヒガニ科はEubrachyura群の中では原始的な分類群に属する。

水深10m〜50mの砂地に生息し、マッチ棒のような目を突き出して砂に潜っているのでなかなか見つからない。掘り出すと後ずさりしながら素早く砂に潜ってしまう。

相模湾から九州、沖縄、中国南部沿岸、八丈島、アフリカ東岸に分布。成体は甲長10cm以上。


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ