トガリオウギガニ

Cycloxanthops truncatus (De Haan, 1837)

水深2〜10mの岩礁底に生息。額は2葉に分かれるが不明瞭。甲の前側縁には眼窩外歯を入れて5歯がある。オウギガニと良く似ているが、額が板状に前方に突出する。甲幅はオウギガニと比べて狭い。個体間の色彩変異が大きい。

房総半島から奄美、能登半島から九州、山形県沿岸、韓国済州島に分布。成体は甲幅2cmくらい。

参考 : Davie et al., 2004 ; 池田, 2004 ; 加藤, 奥野, 2001 ; 峰水, 2000 ; 村岡, 小田原, 1996 ; 永井, 野村, 1988 ; 三宅, 1983 ; 武田, 1982 ; 酒井, 1976 ; 酒井, 1965 ; 酒井, 1935


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ