イボガザミ

Portunus (Monomia) gladiator Fabricius, 1798

水深5〜180mの砂底、砂泥底に生息。甲面、および鉗脚、歩脚に軟毛がある。泳脚の前節、指節に赤紫色の斑紋があるが、この斑紋は小型個体でも見られ識別しやすい。甲の前側縁は9歯あり、最後の歯は大きく側方に突き出している。

房総半島から沖縄、台湾、中国南部、東南アジア、インド沿岸、マダガスカル沿岸に分布。成体は甲幅7cmくらい。

参考 : Davie et al., 2004 ; 峰水, 2000 ; 三宅, 1983 ; 武田, 1982 ; 酒井, 1976 ; 酒井, 1965 ; 酒井, 1935


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ