ツブワタリイシガニ

Portunus granulata (De Haan, 1833)

内湾の水深10〜35mの砂底、砂泥底に生息。ムラサキハナギンチャクやスナイソギンチャクの陰に隠れていることが多い。額は先の丸い6歯に分かれている。甲の前側縁には6歯がある。ワタリイシガニと極めて良く似ているが、本種では鉗脚掌部の下面に縦溝がないことで区別できる。

相模湾から四国沖、台湾に分布。成体は甲幅7cmくらい。

参考 : Davie et al., 2004 ; 峰水, 2000 ; 三宅, 1983 ; 酒井, 1976


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ