シマイシガニ

Charybdis feriata (Linnaeus, 1758)

内湾の水深10〜70mの砂底、砂泥底に生息。甲に暗褐色の縦縞模様があり、充分成長した個体では胃域状には白っぽい十字架模様がある。額は先の丸い6 歯に分かれている。甲の前側縁には6歯があり、最初のものは尖らずに先端の中央部が少し凹んでいる。鉗脚長節の前縁には3棘がある。

相模湾から九州、沖縄、台湾、中国南部沿岸、東南アジア、オーストラリア、インド洋に分布。成体は甲幅10cm以上。

参考 : Davie et al., 2004 ; 峰水, 2000 ; 永井, 野村, 1988 ; 三宅, 1983 ; 武田, 1982 ; 内海, 1976 ; 酒井, 1976 ; 酒井, 1964 ; 酒井, 1935


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ