ケブカイボガザミ

Portunus (Xiphonectes) tenuipes (De Haan, 1835)

内湾の水深5〜100mの砂泥底に生息。甲側縁には眼後棘を入れて9歯があり、最後の歯は側方に突出する。甲はビロード状の軟毛で覆われ、各域に顆粒の集まりがある。鉗脚、歩脚は細長く、眼が大きい。

駿河湾から九州、沖縄、フィリピン、中国南部沿岸、オーストラリアに分布。成体は甲幅3cmくらい。

参考 : Davie et al., 2004 ; 峰水, 2000 ; 酒井, 1976


前へ/次へ

一覧へ/TOPへ