交尾前ガード

交尾に先立ち雄が雌を確保する行為を交尾前ガードと呼びます。カニ類にかぎらず各種の節足動物で見られます。カニ類の場合は雄が後ろから雌を抱きかかえる形になるのが一般的ですが、原始的な種類では雄がハサミで雌の脚をつかんでいることもあるように思います(私見ですが)。

磯のヤドカリ類では、雄が雌の入っている貝殻をハサミでつかんで持ち歩いている光景を時々みますが、これも交尾前ガードです。

せっかく出会っても両方が交尾可能な状態でないと交尾できないわけですが、そのまま別れてしまうと次はいつ出会えるか分からない、というわけで交尾可能になるまで雌を捕まえておこうという知恵でしょうか。


トラフカラッパ

ミズヒキガニ

マメコブシガニ

一覧へ/TOPへ