英語教材の編集プロダクション、株式会社ウィットハウスは、幼児から社会人、TOEIC対策までの書籍/雑誌、CD/DVD教材を制作しています。

スタッフ紹介

HOME >  

スタッフ紹介 

1954年に神奈川県の北鎌倉に生まれ、現在も在住。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。1990年、(株)WIT HOUSEを設立、20期を迎えることができました。クライアントのみなさま、協力スタッフのみなさま、心より御礼申し上げます。そして、いつも素晴らしい仕事をしてくれる社員諸君、ほんとうにありがとう。小学生から大人まで、幅広いニーズのある英語教材の分野で、これからもキラリと光る何かがある作品を作り続けていきます。最近の愛酒は、アードべックと秋田の銘酒「刈穂」。音楽仲間と毎年制作しているCDは10枚になり、自身のオリジナルも25曲を超えた。還暦を過ぎてもなお、仕事に遊びに「夢」を忘れず、戦い抜きます!TOEICスコアは800(2010年5月)。
札幌市生まれで函館市育ち。早稲田大学第一文学部文藝専攻卒業。大卒後、まったく鳴かず飛ばずのバンドマン生活、小学校教室用のテスト問題作成などを経て、1992年に英語教材を多数発行する出版社に入社。それ以降は、会社移籍を経ても、さらにフリーになってからも、TOEIC対策などの英語自習書の編集に携わってきました。研究のため、しばしばTOEIC L&Rテストを受験し、最高スコアは2012年7月に記録した990です。中学1年生のとき初めてレコードを買い、初めてフォークギターを買って以来、好きな歌と音楽を聴くこと・歌うこと・演奏することが生きていくための拠りどころになっています。できる楽器はドラムとギターです。
Japanese-English translator; writer, proofreader and narrator of English language learning material; English conversation teacher and pronunciation coach. Hails from Washington, U.S.A, now calls Tokyo home, and plans to stay until every non-native speaker in Japan has a handle on the English language. Also cannot leave until she has seen all there is to see of kabuki. Her passion for another language, French, and cooking led to a recent French to English translation effort, a gourmet cookbook, which was inducted into the Hall of Fame of an international cookbook competition. A jazz aficionado, can be found wielding the mike after deadlines and jamming with musicians in various locations around Tokyo.
After graduating from International Christian University with a B.A. in Communications, Keiko moved to the U.S. and earned an M.A. in TESOL (Teaching English to Speakers of Other Languages) from San Francisco State University. She has taught university English classes, ranging from business English to TOEFL, and served as the Academic Coordinator for an English language school. Since 2008, Keiko has worked on occasional projects with WIT HOUSE and now excitedly finds herself involved in more projects as a writer/editor. She is also a Japanese-English translator, mainly translating academic texts. When not at her computer, Keiko enjoys playing the violin, designing jewelry, and searching for the best chocolate in Boston, where she currently resides.
東京生まれ。子どものときに引っ越して以来、現在も横浜在住。青山学院大学文学部日本文学科卒業。出版社に勤務後、フリーエディターに。 WIT HOUSEとのお付き合いは18年以上。英語教材編集や雑誌取材をこなす、自称「WIT HOUSEの助っ人おばチャン」。大学生の息子と高校生の娘の母。食べ盛りなんて生易しいものじゃない彼らの食欲と日々格闘中。無類の酒好き。「ビールは この年になると飲んだだけ太るから~」といって、酎ハイやワインに切り替えても、結果は同じ。ジョギングにエアロビと体を動かすことも好き。趣味はクロス ステッチとフラワーアレンジメント。犬(誰にでもシッポを振る雑種)と猫(元捨て猫のこれも雑種)を溺愛中。片時もじっとしていないおとめ座です。
東京生まれ。青山学院大学文学部仏文科中退。WIT HOUSEのメインDTP担当です。一児(娘)と一匹(アメショー♂)の母。かなり長く生きているため職歴は華やかで、レコーディングコーラス、ジャズダンスインストラクター、パソコンソフトインストラクター、パソコン商社技術スタッフ部門の管理職などを経験。その後、世に出始めたMacintoshに魅せられてDTPの世界に足を踏み入れ、気がつけば15年のキャリアを積みました。大学時代からのバンド活動熱がなぜか今頃再燃し、マイクスタンドを握り締めてハードロックを歌うのがストレス解消法。Macに対する豊富な知識を生かし、デザイン制作では「より速く・より正確に・より読みやすく」をモットーに しています。
ページ先頭へ戻る