気になってます

-交通編-

やはり車が無いと動きの取れない都会(?)に住んでいるもので、昨今の交通社会にはいろいろ考えさせられてます。

まず、このところニュースなんかでも取り上げられてる「アイドリングストップ運動」

アイドリングSTOP

私の店では新潟市の作った「アイドリングSTOP!」ステッカーを配ってるのですが、結構持っていってくれる人って多いんですよね。
実際に貼ってるのかどうかは知らないのですが、関心は高まってるみたいですね。
新潟市内を走る路線バスはニュートラルでエンジンストップしているのですが、最初は不評だったようですね。事実、再始動時のあの振動はあまり気持ちのいいものではありませんが、騒音の面から見ると停止時の静粛感はなかなかのものです。

先日の報道でにわかに注目されてますが、効果はあるのかという点では面白い結果が報告されてます。今回の公式発表では「短いエンジンストップは逆効果」と言う事でしたが、まったく その通りだそうですね。
ディーゼルの事は未確認ですが、ガソリンエンジンの場合は3〜40秒以内の再始動はトータルで見ると空気を汚してるのですね。

車のエンジンって始動してからしばらくはガスを濃くして始動性を良くしているのですが、この間の排ガスはかなり有毒なんです。そう言う仕組みになってるので避けては通れないのです。

ということは、1分以上の信号待ちなんかでは止めたほうが良い、それ以下の感覚では止めないほうが環境には言いと言う事です。

私は無駄なアイドリングはしない方なのですが、長い信号待ちのときにやってみようと思ってます。


続いて、気になるものですが「Nシステム」

ご存知の方も居られると思いますが、悪く言うと国民監視システム第一弾ですね。
バイパスや高速などの頭上に小型カメラがずらっと並んでるのを見たことがありませんか?
あれってオービスでは?いや違うのですよ。オービスなら あんなにカメラを並べる必要は無いですよね。それじゃあ 渋滞を感知したりして道路情報を出す仕組みでは?いや違うのですよ。

じゃ、何してるのでしょう?
0.15秒ごとに赤外線フラッシュを焚いてカメラでナンバーを撮影してるのですが、重要犯罪者の車や盗難車などが通過すると自動的に通報される仕組みと言う事です。
しかし、0.15秒って、スゴイ間隔で撮影用フラッシュが照射されてますよね。通る車には必ずチェックが入ります。好むと好まざるとに関わらず撮影されます。
いつ誰がどこへ行った、何時何分にここを通過した。というのは全てチェックが入るのです。オウムの捜査、筑波妻子殺害事件などはこのシステムがフルに使われたらしいです。
ナンバーだけに的を絞っていてくれれば言いのですが、どうやらあの強力フラッシュは運転席まできちんと照射されてます。もちろん、顔も写ってますよね。
それだけの高性能機器ですから さすがに、お値段もすごくて1台、1億だそうです。(警察って金持ち〜!)

さて、これって監視システム以外の何物でもないと思いませんか?
犯罪捜査や重要な目的で、情報公開という前提で使用されるならいいのですが、
行過ぎた目的や閉ざされた中での蓄積や、ましてや情報操作はゴメンだと思います。
つい最近、某県警内部からの告発で「警察官の不倫現場の追跡で使われた」と重要な証言があったにもかかわらず そう言う事実はないなどと発表していますが本当に正しい使い方をして欲しいものです。

そして、このシステムを利用して新しい速度違反検挙システムが出来あがりつつあるそうですよ。A地点からB地点までの通過時間で速度を割り出し、自動的に切符を発行なんて事だそうですが、データの信頼性や信憑性、公開性(検挙は公開で行わねばなりません)の点で大問題ですよね。

通信傍受法と共に気をつけなければならない事だと私は思ってます。
取り敢えずは通るときは悪態ついてます。(あっかんべ〜したり…)

さて、平成11年11月より施行となった運転時の携帯電話使用禁止法ですが、これにより事故を起こしたり歩行者、他車に迷惑をかけた場合には1万2千円の罰金となりました。
とはいえ、まだまだ使っている人は多いですね。そもそも無線はどうなるの?と言うところからも この法律は無理があるわけで その為に罰則がないと言う事になっているのですが なぜこんな法律が必要となってしまったのかを考えなければですよね。

これによりハンズフリー装置特需から品切れが起きているそうですが、ハンズフリー装置を使えば安全かと言うとどうでしょうね?「あ!電話!」とあわてて装着する人の姿が目に浮かぶのですが、こっちの方が危険な気がするのは私だけでしょうか?

そしてこの装置もいずれは禁止になるという噂が現実化へと動いてますね。
だってこの法律によって携帯の使用率がグ〜ンと減っちゃったら、どうなるでしょう?関連メーカーは痛い減収ですよね。だから、これで少しはご機嫌が取れる。そして完全禁止へと… な、わけです。
私は運転中はもともとあまりしないほうなので禁止となってもそれほど困らないのですが、現場の警察官の判断で「エンジンが掛かっていたらNG」な〜んてことになったら困りますね。
やはりみなさん 車は止めて話しましょう。

昼間もライトオン!ライダーの皆さんは、これやってますか? と言っても平成10年4月登録以降のバイクは常時点灯で無ければならないらしく、消したくても消灯できない!なんてマシンも多いですね。

これはこれで非常に良い事だと点灯歴20年の私は思うのですが、なんと4輪でもこれを法制化しようとする動きが有るらしいです。法案ももう出来ているとか…。
これ、私は反対ですね〜。だって車の流れの中で機動性の高い2輪がこれを行うから回りからの視認性が上がって、事故防止に役立つわけですからね。全部が点けちゃったらただ同化するだけではなく、未点灯時に比べて逆に見にくくなると思うんですよね。
みなさん
 この法案は反対しましょう!

 

 

つづく…



もどる